AGA治療薬ってどうなの?育毛剤と効果・副作用を徹底比較!

専門の医療機関での治療は効果が高い

薄毛を何とかしたいけれどどうしたらいいのかわからないとなった場合、病院でのAGA治療を検討する人も多いでしょう。

正直申しましてやはり医療機関で専門の治療を受けた方が確実かつ最短ルートで薄毛の改善が図れます。

これは医学的なエビデンスのしっかりした治療しかしないためです。

例えば、AGA治療薬として有名なプロペシアの場合、その有効率は98%に上ります。こんなに効果の高い育毛剤はありません。

とは言え、何のデメリットも無しにそのメリット(高い効果)を得られるというわけではありません。

AGA治療は副作用、高額治療費が心配

薄毛の治療を受ける場合には、AGAクリニックにてAGA治療薬を処方してもらう人がほとんどです。

プロペシアやミノキシジル、ザガーロといった薬が有名です。

この内服薬の力によって発毛を促すことになってきますが、薬を飲むわけですから当然身体に負担をかけてしまいます。

副作用の症状はさまざまですが、最も多いのは性的機能に関わるもの。性欲が衰えたり、勃起不全が起こったり、精液の量が減るといった症状が主です。

もちろん、全員にそのような症状が現れるわけではなく、例えばプロペシアを販売しているMSD製薬の資料では1年間の服用で5%と発表しています。

とはいえ、その5%に自分が入ってしまったらと考えたら不安になりますよね。髪の毛のためにそこまでしなければいけないのか、とも考えてしまう人もいるでしょう。

また、薄毛治療・AGA治療の薬の費用は、2~3万円/月と高額になることが多いため、手放しに頼ることが正解かというと、やはり疑問に思う人もいるでしょう。

もちろん、育毛剤にも副作用が起こりますが、ほぼ軽微なものにとどまります。その主なものは頭皮の発赤やかゆみといったもの。使用を中止することで元に戻るものがほとんどです。

育毛剤から始める人の方が圧倒的に多い

こういったことを考えると、AGAクリニックで副作用を伴うAGA治療薬を処方してもらって利用する前に、まずは育毛剤の力を借りることを考えていった方が賢明かもしれません。

実際に、製薬会社のファイザー社のアンケート調査では、薄毛を気にしている人の中で育毛剤を試した人が50%を超えるのに対して、病院治療は1.2%しかいないという結果が出ています。

育毛剤には様々な種類がありますが、合うものを見つければ低価格で、副作用のリスクも低く、安心して使い続けられるものもあります。

毎日のヘアケアで健やかな髪の毛を取り戻していくことができるのであれば、こんなに嬉しいことはありませんから、ぜひ色々なものをチェックし、自分に合うこれだというものを探してみてください。

自分に合ったものを探そう

育毛剤は頭皮環境を整えることで自然と発毛の力を促すものから、有効成分を高濃度で配合した医学誌にも掲載されるようなものまで、非常に種類が豊富です。

有名な成分で言うと、最近ではキャピキシル、リデンシル、ピディオキシジルといったものが多くの育毛剤に配合されています。

自分がどういったタイプのものを求めるのか、また口コミや価格などについてもよく調べて、納得のいくものを選ぶようにしましょう。

保湿、抜け毛予防、発毛促進など育毛剤それぞれごとにタイプは異なり、また自分にどれが合うのかといったことは使ってみないと解らない部分もあるので、全額返金保証などの特典がついているものを選ぶというのも一つの判断基準になると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする